北カスターナ連合王国

提供: 幻創世界ドループ
移動先: 案内検索

北カスターナ小諸侯国、北カスターナとも呼ばれる。
小国が林立し、一つの大国家を形成している。諸侯会議とも言われる連合の政治機構の中心「中央」が代表である「王」を擁立している。「王」に実権はなく、あくまでも顔であり、「中央」が国を運営する。首都はコストルである。

特色

掟や野蛮な法律による武力主義で統治されている。それは宗教の力によるところが大きい。農民は兵士を兼ねている。
農村では豚が珍しくない。島々には未開なものが多く怪物も住む。

農業

領域内の自給自足農業中心で、ブタの飼育が盛ん。二圃式農業を活かしている国もある。北部では牧牛が盛んで乳製品を生産している。

人口

大都市としてはコストル市(旧エギン帝国北都)七〇〇〇人、カスル市(旧エギン帝国西都)七二〇〇人、マジ市(旧エギン帝国首都)八〇〇〇人があり、マジ市は過密で治安が悪い。各都市は遺構を利用していて、旧市街の位置とはずれたところにある。

貿易

マジ市の貿易港はエイブルサックに次ぐ繁栄を遂げている。エギン帝国時代に建造された巨大なアーチ橋や波消しの為の人工島などで構成される。この港はかつて完全に人の手で掘り込まれた。
またカスル市やコストル市など街道沿いにある都市も海上貿易のほか、隊商相手の貿易で栄えている。
乳製品や蝋の上質なものは西方でもてはやされている。

宗教

嵐の神グラムバード、風の神ランデドゥ、戦いの神バルバンなどカスタナの神々が続く。その主神はブロンバーンであり、その名さえ恐れているという。港がある都市ではアギーン神やラゲルプト神などの神殿もあるが、力はさほどではない。
エギナ人の知識と理性の神ベルムン異神の象徴や建造物は破壊されている。エイヴォン伯領、ツイラン伯領には、死を滅ぼす神としてセト神の神殿とその聖山キューン山がある。
ラカロアース伯領以北にはメトル神崇拝が多い。
多様な神々のうち現世利益を威厳とともに与えてくれる力強い神々を認めている。

人種

カスタナ人がほぼ八割を占め、ほぼ二割がエゼル人である。エゼル人はラカロアース伯領以北に多い。
スコープスベノン平原には、カスタナ人系とキューナ人系の蛮族の集落が点在する。
エギナ人は頰に所有者の紋を入れられ奴隷として使役され、また生け贄として人身御供に使われる。エギナ人迫害はしばしば起き、流血沙汰もある。噂によるとカスタナ南下のエギナ人虐殺の時からの遺骸が街の下水道に残っており、人魂が市街に立つことも珍しくないという。

政治

十一地方二十六伯領で構成される。伯位を持つ者がその国内の王であり軍団長であるという制度である。王はカスタナ南下時の十五英雄の子孫であるとされる。南カスターナとはあまり仲が良くない。「中央」の政治機構はエギン帝国と役職名が同じである。

  • クライセン地方
    • アルボンス伯領
  • ババン地方
    • 二ヤール伯領
    • サイサース伯領
    • メアロア伯領
    • ジマケ伯領
  • ポエプタース地方
    • ラスブライアス伯領
  • ムルーバー地方
    • ハイフォール伯領
    • ビスエール伯領
    • スソラボラン伯領
    • ジレンフロイ伯領
    • ボルモル=アズモル国
  • アゼッパ地方・カスル地方
    • アズアマイル伯領
    • マルバルネット伯領
    • 旧アマモル国
  • アイタル地方
    • ヴァスガライド伯領
    • ミルゼット伯領
    • オイクライネド伯領
    • ツイラン伯領
    • キマルカムラス伯領
    • カスダマルド伯領
    • エイヴォン伯領
  • ディラフォール地方
    • ラカロアース伯領
    • サンタリア国
  • チューン地方
    • テイア・トロア伯領
    • イズクロア伯領
  • コストル地方
    • ニスパステイア伯領
    • 旧マラモル国
  • ネウケン地方
    • スイルアロン伯領
  • マルノ地方
    • メルデール伯領
    • シズグラー伯領

有力者一覧

カルターリース

カスタナ系商人。カーゴ人から船員込みで買った魔文字入り商船で交易や輸送を行なっている。ハイフォール伯とアズアマイル伯の関係を保つ。またムルーバー島での隊商を持っており、マジ〜カパトス間、マジとカスルを交通する。カパトスの銅、ケイス島のオリーブ、ブドウ、蜂蜜酒、カスルの穀物、バルトドンの松材、セラーナの家畜、マジの舶来品を取引している。カルターリース自身も若い頃、船乗りであったが、今は失明しているため旅には出られない。この上なく海を愛する。海の神ラゲルプト神崇拝者。妻は三人持ったが三人とも亡くした。子供も亡くした。養子が一人いる。家族に恵まれぬ人である。六十八歳。

アバランカウン

カスタナ系商。ディラフォール海峡の輸送とバランドラドの砂金採掘を行なっている。ビスエール伯の信用があり、伯によればディーラ地方一の好人物だという。その名声により、ラカロアース(皇帝)から財務大臣に任命されている。また、貨幣鋳造も任されている。出身はカーゴ人の放浪者であったが、先代のカスタナ人の商家へと養子に迎えられたという。元は戦士で多少の魔術や学問の心得を持つ。人気があり黒い噂の立たない人物である。三十八歳。

ジュストース

カスタナ系商。先代からの航路開発などを受け継いだ。コストルの港ルーエはジュストース家のものであった。ルーエ〜カイス〜ロブラス〜ホイルトロス〜オングドロスのポエプタース島航路の交易と輸送を行なっている。この航路は暗礁の多いマルノ海峡を避ける画期的な航路である。またロブラス〜コニア航路はマジとコストルを繋ぐ重要航路である。ポエプタースの石灰石は建材の粗コンクリートの材料であり、石灰岩を採掘する鉱山も持っている。。コストルに邸を構え贅沢に暮らしている。三十歳。

バロルブラック

カスタナ系商。スソラボラン伯領と、ジレンフロイ伯領の海上交通と、テスブライアス伯領を中継としてルーエへの交通を行う。マジに到着する奴隷や兵士の大量輸送力を持ち、普段は食料の輸送を担う。マジ産のブランデーはコストルなど北部の人々に好まれ、乳製品(チーズ)や家畜、ニワトリやハト、稀な怪物も輸送品目に加える。自ら船団を指揮することもある。東方の美術品の蒐集家であり、マジ市にいて貿易船の到来を心待ちにしていることも多い。蒐集においても高価なものは数えるほどだと言われ、蒐集家に多い執着心の塊のような気性はないという。気のいい男である。四十八歳。

ブロンドカスク

カスタナ系商。ディーグル以北の国内の隊商を持つ。百名馬車五十台ほどの編成で八隊、定期的に街々を廻る。スコープスベノンの岩塩、干し魚・干した貝・干した鯨肉や鯨油などの海産物、マスグレート湿地のタールやピッチや鉛、家畜や武具、呉服などを扱う。ディーグル以北では、この隊商隊に手紙や小荷物を届けてもらうのが安全だという。ラカロアース伯(皇帝)に剣と学問と情勢を教えた師であり、親友である。愛国的だが政治に関与することを嫌う。保守的で市場開拓をしようとしない。七十一歳。

サルボーラン

カスタナ系商。マオロ〜マルノ間の交易を行い、マルノの貝殻、貝細工(カメオ)、真珠、大理石、砂浜の砂を原料とする白色のガラス細工、そして白木の材木を扱うので、「五白(ごはく)」の商人、白の商人というあだ名を持っている。これはマルノの村を町へと発展させるという彼の事業において、このマルノのガラスがどうしても透明なものが作れず必ず白くなってしまうことから、それを売りに触れ込もうとして、扱う産物を選り好みしたということらしい。この事業は奴隷にノルマを課してそれを達成すれば原則十年は定住するという条件付きで解放するというものである。元は北方の琥珀の採掘者だった。経済的野心家。五十六歳。

キラ=クルダサ

蠍毒蛮人系商人。コストル〜サルカイ〜マスグレート湿地(スコープスベノン)〜ガンピ〜チューン〜マナガツール〜コストルの蠍毒平原(スコープスベノン)を含めた地域を巡回する隊商。湿地の北の部族メルマスフ族(メーマッシュ族とも呼ぶ)と交易をしている。この部族に茶を作らせそれを主に運び蠍毒平原では手に入れられないものと交換してくる。キラ=クルダサはこのメルマスフ族の族長でありその地位にとどまったまま商人をしている。部族繁栄の功績は大きい。この部族では旅人を勇者として扱うという。二十八歳。

ヴェネボール

カスタナ系商。フェス=ディーグル〜コストルを行き来する隊商隊を三隊持つ。この隊商は蠍毒平原文化のもので、要するに行商の集団で、その集団の保護や護衛を行い、自らも商いを行うというものである。ヴェネポールの交易品は、薬草、薬物、鉱物(辰砂、朱)などで、かなり珍しいものを扱っている。北カスターナ最大の財力を持つニスパステイア伯と親しい。家を持たず、薬臭い天幕と清潔さを好む。四十一歳。

レットランドル

カスタナ様式の混成商人。行商集団。十から二十名の小規模隊商が集団となってゆっくり巡回する。フェス=ディーグル〜ライドローザ〜イカープス〜ウサイア〜フェス=ディーグルの隊路をとるものが最大の経済力を持つ。他にはオルオ〜マイトロット〜アマイアル〜サンマ〜オルマや、フェス=ディーグル〜ローカ〜ラジェス〜セラーナ〜フェス=ディーグルなどがある。このようなものは十グループほどある。最長のルートのものは、カスル〜チャースド〜ルイカス〜バキュス〜コラド〜バルトドン〜ケイス〜カパトス〜セラーナ〜ラジェス〜マラルグ〜フェス=ディーグル〜サルカイ〜コストル〜ブランゼ〜ホリブカス〜ビョルド〜クライセン〜オングドロス〜(海路)ロブラス〜(海路)テル〜(海路)マジ〜カパトス〜セラーナ〜ラジェス〜カスルを一年かけて巡回するという。この組でさえ逆巡回組をもつ。

プロブルアール

カスタナ系商。アイタル地方を巡回する隊商隊をもつ。隊商隊は四隊で各五十名くらいだが、良い馬車を使っている。慎重かつ素早い輸送である。このあたりは蜂、特に蜜蝋が主力商品で、馬や岩塩をスコープスベノンからもたらす。たまに蛮族の文化をうかがわせる黄金細工なども取引される。プロブルアールはカスルに邸を構える。経営するコラドの鉄鉱山で上げた利益で邸を作ったという。エギナ人の強硬な迫害者でもある。また、好色でもあり、カスルに娼館も経営する。噂によれば亜人を捕らえ、連れ込んでは虐待したり殺しているという。このような悪評はカスルに広まり、そこから遠ざかれば商売人としての評判は高まる。先代の恩恵を受けて、金回りが良い。五十二歳。

トレイデュール

カスタナ系商。国外に進出する数少ない商人でも珍しく北方に向かう最大の隊商をもつ。交易品は幅広い。隊商隊の隊長は全員キューナ人である。隊商は一隊百名の規模で一年かけて隊路を進む。四年おきにコストルの邸宅を空ける。書物を好む。そのためかエギナ文化の愛好家だと噂されている。学問の心得をもつ。一部には知られる男で伝聞記を著していて、北方に詳しい。落ち着きのある物腰で歴史学者のような洞察力と商人としての決断力を持つ。一時期は神祭大臣の記録局やその下部の調査局で働いていたという。三十一歳。

ラドルエイマー

カスタナ系商。南カスターナを抜けてラウヴベイ方面へ行く隊商隊を二隊もつ。カスターナへの交易品は書物、銀など海上輸送には向かないとされるもので、カスターナからはエギン帝国時代の廃墟の遺物、つまり美術品、彫像、書物、絵画などで、こちらも海上輸送には向かないものである。マジに邸を構える。ジレンフロイ伯とバロルブラック伯と仲が良く、三人で開くマジ博物館の運営に執心している。博物館へのトレイデュールからの協力をぶち壊してしまった。学問を好むが、宮廷的、女性的とも言える面のエギン帝国の文化は嫌う傾向をもつ。カスタナ文化の研究の方を好む。五十四歳。

エルグライダス

カスタナ系商。北カスターナに所属する国営海賊(私掠船)と不正組織である盗賊ギルドに繋がっている。カスルに邸を構える。商人の中でも陰謀家として噂されている。何につけても完璧主義で、そのためか離婚を繰り返している。娘が二人いる。男児を欲しているエルグライダスには汚点である。盗品を秘密裏に扱う。マジで取引されるという噂があるが真偽は不明である。本業は南カスターナを行き交う隊商による交易で、三隊もつ。少数精鋭の人員が一隊三十名という編成である。五十八歳。

スティールボレン

カスタナ系商。マジ市の港周辺の施設を所有。元はカスタナ十五英雄の末裔と言われ、伯号の地位を受ける資格があったが、伯号よりマジの港がいいと望んだという。マジの港の水深が深いままで、巨大アーチ門が崩れず、海中石柱が真っ白のまま、そして秩序ある活気などは先代からの努力の成果である。この美しい港を愛し、さらに美しくしようと考えている。港における停泊料や宿、娼館などの経営、薪や水の補給で収益を上げている。やって来る船には気前が良い。進取性があるが、学問や思想には、あまり興味を持たず、むしろ先代からのコレクションを充実させるために外国の工芸品や武具を好む。ジュストースと親しい。三十二歳。

ブラックホーク

私営の海賊。四船団ある。一船団四隻ほどで構成されている。この船団は連携しておらず、船団を全体で統制する者はなく独立している。ただし共通して黒地の鷹の旗を掲げる。ブラックホークは私営海賊の総称である。国家免状を持たない。旧エギン帝国時代の国営海賊ブラックホークがいて、帝国滅亡後、無関係なのにその名だけを引き継ぎ暴れまわっているのである。この本来のブラックホークはハイフォール伯に討ち取られ滅んでいる。弓と戦斧を駆使し、素早い略奪を行う。

歴史

この地にあったエギナ人のエギン帝国をカスタナ人が南下して奪った。カスタナ人の南下はハイルダル帝国の突然の滅亡が原因である。この連合王国は、あくまで小国の集合であり、ばらばらで連帯は強くない。「中央」の運営は伯領ごととなり、かつてより連合の意味が問われている。第二次南下でアズアマイル伯領、ラカロアース伯領が狭まってきている。

北カスターナ年表

  • 前550年 伝説ではエギン帝国初代皇帝(皇祖)が二十七歳の時、〝石の兵士〟の大軍でここに国家を建設し、首都カスルを建てた。
  •  533年 エギン帝国とアグリコルム帝国との戦い。〝マスグレート戦争〟翌年、〝サンター戦争〟〝ディラフォール海戦〟。
  •  535年 アグリコルム停戦。条約締結後、蠍毒(かつどく;スコープスベノン)から蛮族侵入。〝アイタル河戦争〟勝利する。
  •  538年 アグリコルム戦再開する。アグリコルム英雄デイカ戦列に加わる。〝カスル包囲〟〝アルマサー海戦〟〝コリマガス戦争〟。
  •  539年 〝ネウケン瀧の戦い〟〝オースティン山包囲〟エギナ人の慈悲により包囲を解く。
  •  560年 第二次アグリコルム戦。大将軍デイカ活躍。〝アゼッパ河の戦い〟〝アイデインの戦い〟〝キーザン川の戦い〟。
  •  562年 〝マラルグの戦い〟〝ケイス島海戦〟〝フェス戦争〟〝オースティン山戦争〟停戦協定。
  •  570年 〝ナフィ山戦争〟翌年、デイカ没。のち、アグリコルムの英雄とされる。
  •  571年 アグリコルムと平和協定。
  •  687年 ハイルダル聖王国建国。アグリコルム衰退。
  •  690年 ハイルダルへの出兵。この出兵は二十数回におよび、大量の死者を出した。
  •  696年 〝蠍毒平原の戦い〟、同盟国エルターク公国滅ぶ。
  •  707年 アグリコルム滅亡。ハイルダルと同盟。
  •  800年 カスタナ族の名が知られるようになる。
  •  980年 ペディオンの乱。カスタナ人の南下開始。コストル建設完了。
  •  988年 ハイルダル滅亡。
  •  995年 ペディオン王国建設。
  • 1004年 マルダンのブリュガ王国とペディオン討伐の同盟軍結成。援軍出発。この時の軍隊は還ることなく、二度と故国の地を踏みしめることはできなかった。
  • 1005年 カスタナ人総攻撃。エギン帝国崩壊。
  • 1007年 フォーブロード=エギン帝国皇帝を譲位させる。その後処刑。
  • 1010年 北カスターナ建国。ペディオンと同盟。カスル陥落。領土分割。
  • 1011年 「中央」発足。原型が出来上がる。
  • 1050年 大王マユラー没。第二王ライドローザ、フェスをフェス=ディーグルと改名し首都とする。ライドローザ改革のはじまり。エギン帝国と同じ税率、政治機構をもつ。エギナ人狩りの強化。エギン帝国期遺物の破壊。伯として十五英雄を叙任。伯領に納税義務を課す。
  • 1062年 南カスターナと衝突。〝ガルーア島海戦〟(〜63)名将アンビルス活躍。
  • 1063年 大英雄カップ叛乱。王族を皆殺しにするが、ランドグロアースとシャルグレートらにより、カップとその一族を滅ぼす。〝カップ事件〟。
  • 1068年 現在の政治制度、王選出制度の確立。
  • 1080年 マジ港を再興。海上貿易復活。この頃北方安定。クノーン王国から使者到着。大英雄最後の生存者亡くなる。
  • 1090年 私設私掠船〝ブラックホーク〟全盛。五十隻もの船団で海賊行為。マジの南キーザンの町、陥落。以降海上治安悪化。
  • 1097年 エギナ人ポエプタース島に〝アズモル国〟建国。
  • 1098年 エギナ人ネウケンに〝ネウモル国〟建国。
  • 1100年 エギナ人、蛮族アウマーと協力協定を結び、アゼッパ地方に〝アマモル国〟建国。
  • 1102年 エギナ人、マラジョに〝マラモル国〟建国。
  • 1125年 シズグラー家反乱。鎮圧される。〝シズグラー事件〟。
  • 1138年 ネウモル国コストル包囲。アマモル国進攻。
  • 1141年 南カスターナとの戦い〝マジ海戦〟。北カスターナ敗走。マジの包囲。ババン地方に海賊王国〝ナソック王国〟建国。
  • 1147年 ブラックホーク海賊団ディラフォール海峡周辺を荒らし、ハイフォール伯に討伐される。ペディオン王国軍の支援活躍。
  • 1149年 ナソック国、義勇兵シルドブローブルの軍に滅ぼされる。
  • 1150年 ネウモル国滅亡。サンター山地にエギナ人残党が〝サンタリア国〟建設。
  • 1051年 エギナ人残党が〝ボルモル国〟建国。
  • 1155年 アマモル国アイタル地方へ侵入。敗走し、ダグ山地へ集結する。ムルーバー島南カスターナに陥落される。
  • 1162年 ボルモル国とアズモル国合併し、キラ島に集結。
  • 1162年 アマモル国、フルンズ山に籠城。南カスターナがムルーバー島を放棄。
  • 1180年 ペディオン軍の撤退。
  • 1181年 フルンズ山陥落。
  • 1188年 ダグ山地の陥落。ボルモル=アズモル国キラ島放棄し、ムルーバー島の森林へ。
  • 1189年 南カスターナと 同盟締結。南カスターナへ派兵。ムルーバー島の支配再開。
  • 1197年 ボルモル=アズモル国のエギナ人がフェントー巡礼。ひどい雪で遭難する事件が起きる。〝死の巡礼事件〟。
  • 1200年

関連項目

北カスターナの伯(諸王)