ギオイアイ地方

提供: 幻創世界ドループ
移動先: 案内検索

 「ギオイアイ地方」は、北極近くに位置し雪と氷に閉ぎされた未開の大陸「ウイウイッア・フィオ大陸」の全てを指し示すものである。この地方は古くから巨大な山脈にかこまれ、天然鉱石の多く採れる地方で有名だった。「ウイウイッア・フィオ」と言う不思議な呼び名は、山脈が重なり合い2匹のヘビが、のた打ちまわるように見えるのが、由来で、「のた打つ2匹の大蛇」の意である。  このいくつもの山々が、つらなった山脈帯を「カン・バ・ピュラ」神々の歯並びと呼んで信仰の、対象にもなっていた。山々は、激しく隆起し、低い山でも8000メートル、ひときわ高い山は、10000メートルを越していた。山から大きな川が流れ海へと流れていた。こうして発展をかさねた街「ルオイフィ」は支配者もしくは、指導者が現れぬという非常に珍しい状態で、発展し続けた。  この豊富な資源をもとめ過酷な自然にも怯む事なく人々は、多く旅したと言う。いろいろな種族の者が、村や集落をつくっていた。よく目につく種族はホニーズ人であったと言われている。ほとんどの者はここより遠くの街や都市へ鉱石より精練した、宝石・武器・装飾品を、売りに出掛けていき、また逆に遠方の都市の者が、買い付けにくることもあり、その街道「クロム・ロード」にも集落が発生し巨大な武器生産国になるのも時間の問題であった。街道筋には、約30から40余りの集落が、存在し常に非常時に備え、15人から20人の自衛良団が駐屯していた。

商人グアイ・ガウ・アジャイア

 この人物が、登場するのは「ルオイフィ」が円熟期をむかえた中頃だった。彼は乱立していた「ルオイフィ」内部の商人をまとめあげ金額を払わない者や踏み倒そうとする者を説得、または社会的制裁をくわえ需要と供給のバランスを保ち続けた。また戦争の武器供給をあやつり次第に隣接する国々の深くに、潜りこんで行くその結果、「ルオイフィ」は、武器生産国を飛び越え、暗黒国家の道を歩むことになる。結果として「ルオイフィ」は最悪の死の商人を登場させてしまったのである。

「ソルク」襲来と魔法時代の幕開け

 醜く肥大した暗黒国家「ルオイフィ」しかしこの肥大は、突然とも言っていい崩壊を、迎えることになる。「カン・パ・ビュラ」を越えて未開の大地より侵略を、うけたのである。「ソルク」とは、亜人間で「エルフ」や「ドワーフ」といった者達の一種で、白銀の髪と赤黒い瞳を持つのが特徴であり、その他の種と比ペ比較にならないほどの強い「魔法の力」を持っていた、こうして「ギオイアイ地方」に魔法文明と人間以外の血が広まったのである。  「魔法」という暴力によって「ルオイフィ」を統一征服した「ソルク」は隣接する国々に次々と宣戦布告をおこない、戦いに勝利し「ソルク」の血をふやすにいたった。

魔法支配帝国「カンバピュラ」CC;698年

 征服より歴史は流れ大陸全土を支配した「ソルク」は、魔法支配帝国「カンバ・ビュラ」を名のり全ての統一のために動き出した。「カンパ・ピュラ」は五人の「ソルク」亜種によって支配された帝国となり一人の皇帝ではなく五人で一人の人間とみなされた者達が政治や戦争の指揮をとり成り立っていた非常に珍しい帝国であった。しかしその政治は、各方面に秀でた者が指揮をとったため成功し征服と侵略にいっそうの拍車が、かかったのである。そしてついには他に類を見ない巨大帝国になっていった。このころ発生した「魔法の力」研究する機関を、「魔法支配研究室」といい後に、「魔法組合」となる。

 余談だが……五支柱支配者(フュンフ・ピラー)の名を示しておこう。

  • コウウヤタ・l・ウアファグ
  • ファイシー・O・グラーハブィ
  • バヂジャヒウ
  • スナエイェフ・R・ワフガイヨア
  • フィシア・W・ウアッエア・チッグ

 五人による支配が、成功したのは「ソルク」の思想によるところが、大きな要因であった。「ソルク」は、この世界と人間をはじめ全ての物体は五つの根本要素からなりたっていると考えていたからである。

そして歴史は「グ・レ・イ帝国」の幕開けをむかえる CC;780

 「グレイ帝国」それは「カンバピュラ」の歴史が82年を数えたときにおきた大事件であった偶然か、それとも作為的にかは謎だが純潔に近い「ソルク」がその代の五人の指導者として新たに皇帝の地位へとついたのである。初代皇帝「フアエ・ウイア・フセンヌ1世」は、巨大な「カンバピュラ」を三分割しそれぞれに、一人の宰相と五人の支配者をおき同じ政治体制をとった。

  • 首都となる第一国を「グ・ヒオリッツ」 不可侵国
  • 騎士中心の国を  「レ・ヒオリッツ」 侵略征服国
  • 農民と商人の国を 「イ・ヒオリッツ」 生産礎国

 として大まかな、住み分けをおこない頭文字をとり「グ・レ・イ帝国」となる。  三分割された国はそれぞれに発展し、歴史に暗躍していった。あるとき当時の「魔法支配研究室」長「シァイ・アルア」という老人が大掛かりな魔法召喚儀式を行いある生物を操り支配する事を思い立った。それは数百年に一度、姿だけ大空に確認される。「ヒュージ」と名づけられた巨大な生き物だった。蛇のように長い体に、8対の計16枚の翼をもった生き物であり驚くことに体長は約2000キロメートルあるものと考えられていた。これに成功した「シァイ・アルア」は第一国を「ヒュージ」の力をかり「カン・パ・ピュラ」山脈の中腹に移動したのである。それは、第一国を地殻ごと半球状にえぐりとり空中移動したのである。その後、残された後には川より水が流れ込み、湖「リコカク湖」になったといわれている。その結果古くから信仰の対象になっていた山脈とかさなり皇帝は神と思われる存在へとなっていった。そして政治・経済・民衆の生活安定も繁栄を極め時代は、無数の思いをのせ歴史は流れ現代「グ・レ・イ帝国」は不動の国々の仲間入りをはたす。

CC歴;790年

  • 現神皇帝 「フアエ・ウイア・フセンタ1世」14歳、少年

五支柱支配皇(フュンフ・ピラー)

  • 魔法支配研究室長 「シァイ・アルア」90歳を越えた老人
  • 秘密警察長官 「アンリー・U・ジャヅア」34歳、鋼鉄婦人の異名をもつ才女
  • グ・レ・イ帝国侵略騎士団長 「ラスホンタ・E・グラーハブィ」29歳、初代の血を引く冷徹な軍人
  • 文化思想官 「ハーゴアコ・Y・ジキダブィン」43歳、芸術家あがり元は商人
  • 五支柱支配官 「フアガンチア・R・ウーコライン」32歳、豊な知識と政治の才能をもつ。

関連項目